ベジママの成分表から特徴や効果を徹底解剖!こんな人におすすめです

妊活中や授乳中に妊活サプリを飲む人が本当に増えてきています。それだけ葉酸の重要性が認知されてきた証拠でしょう。

でもいざ葉酸サプリを購入しようとすると色々な商品があってどれがいいかわからないんですよね。

そこでポイントとなるのが成分です。配合されている成分でその商品にどんな効果があってどんな人に向いているのかがわかります。

ということで今回が妊活サプリとして大変人気のある「ベジママ」の成分を徹底解剖してみました。

ベジママの成分と評価

ベジママに含まれる主な成分はこうなっています。

内容量

124粒

摂取目安(1日)

4粒

原材料名

ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン・ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、パントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

とまぁ原材料を眺めても目が痛くなるだけで、わけがわからない人がほとんどでしょう。

そこでベジママの主成分を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 葉酸
  • ビタミンC
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンE
  • ピニトール
  • ルイボス

これらの成分についてこれから詳しく見ていきます。

ピニトール・ルイボスが注目成分

先ほど紹介した成分のうち、葉酸、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12は他の葉酸サプリにも大抵入っています。

逆に含まれていない葉酸サプリは質が悪い安物と見ていいです。

それでベジママにはこれらの成分以外に気になる成分があります。それが「ピニトール」と「ルイボス」です。

結論から言うとこの2つの成分がベジママを代表する成分で、他の葉酸サプリとは違う点になります。

それぞれの成分の詳しい効果については、後述している「ベジママを飲んでほしいのはこんな人」内でご紹介するので少々お待ちください。

カルシウム・鉄分は入っていない

他の葉酸サプリにない成分がピニトールやルイボスでしたが、他の葉酸サプリにあってベジママにない成分もあります。

それが「カルシウム」と「鉄分」です。この2つの成分は特に妊娠中や授乳中に必要とされる成分なのですが、ベジママは妊活に特化した葉酸サプリであり、食事中でも十分補える成分のため必要ないとしています。

確かにカルシウムも鉄分も日頃の食事から摂りやすい成分のため、特別貧血気味でない限り重要視しなくても大丈夫でしょう。

ベジママを飲んで欲しいのはこんな人

先ほど成分を分析した結果、特にベジママを飲んでほしい人の特徴をまとめてみました。

またベジママを飲むことでその人が得られる効果についても、わかりやすくお伝えします。

妊活中のすべての女性!

まず何よりもベジママは妊活中のすべての女性に飲んでほしい葉酸サプリであり、そのように作られています。

なぜなら妊娠しやすくなる成分が入っているんです。葉酸を含めてビタミン、ミネラルなどの様々な栄養成分をベジママで摂取出来、健康な身体を作ることで赤ちゃんをいつでも授かれるような状態にします。

基礎体温が安定しない女性

妊活中は基礎体温を安定させることも重要となります。

しかし中には冷え性などで基礎体温が安定しない女性もいて、基礎体温が低いと妊娠しにくくなるんです。

そんな時にベジママに含まれるビタミンEが助けてくれます。ビタミンEは血行を良くする効果があり、基礎体温を上げてくれます。

また血流が良くなることで栄養が行きわたりやすくなり、子宮や卵巣機能がアップして妊娠の確率もグッと上がるんです。

不妊に悩む夫婦

全国には性交を行っているのにもかかわらず、なかなか子供に恵まれない不妊の方が大勢いらっしゃいます。

しかし、そんな不妊に悩む人にもベジママはおすすめなんです。

なぜならベジママに含まれるピニトールには不妊に効果があるとされる成分で、薬に処方されている場合もあります。

そして最近では不妊の原因の一つ「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」に効果があることも海外で立証されてきて、世界中で注目を浴びているんです。

また高齢による不妊の方にはルイボスが効果的です。ルイボスは活性細胞を抑えて卵子の老化を防ぐ効果があるため、高齢でも妊娠出来る確率を上げることが出来ます。

ちなみにピニトールやルイボスの効果は男性にも有効なので、子供に恵まれない方は夫婦で飲むことをおすすめします。

ベジママを飲んだ人の口コミ

最後に実際にベジママを飲んだ人の口コミを見てみましょう。多くの方から飲んでよかったという声を貰っているようです。

ベジママの良かった口コミ

25歳妊娠3カ月

妊活中の時からベジママを飲んでいます。初めは基礎体温を測るだけで特に妊活はしていなかったのですが、なかなか基礎体温が安定せず子供もできないため少し焦りだしてベジママを飲むことにしました。

すると1週間ほどで急激に基礎体温が安定しだし、2カ月ほどで妊娠することが出来ました。

30歳妊活中

30前には妊娠を目指していたのですが、30歳になってしまい、このままではいかんとベジママを飲むことを決心しました。

また飲み始めて1カ月しか経っていませんが、以前よりも体調が良くなった気がします。

この調子で妊活を続けて元気な赤ちゃんを産みたいです。

37歳妊娠5カ月

妊活を始めてはいたのですがなかなか子供に恵まれずにほぼ諦めていました。そんな時にネットでベジママのことを知り、藁にもすがる思いで買ってみました。

すると半年後に待望の赤ちゃんが・・・本当に嬉しかったです。やっぱり高齢での妊活は自力でなくサプリメントでしっかりとした栄養を摂るべきだと反省しました。

そして妊娠中の今でもベジママを飲み続けています。

ベジママの悪かった口コミ

24歳妊娠1カ月

ベジママを飲んで2カ月ほどで妊娠出来ました。ただ、効果があったかと言われると微妙です。

決して悪いというわけではないのですが、栄養を補うだけなら食事で十分ですね。サプリメントは少し高いです。

27歳妊活中

妊活を始めて7カ月経ちますが、まだ妊娠の様子はないです。

基礎体温を測ってタイミングを見て、ベジママも飲んでいるのですが効果なし。1年たっても妊娠出来ないと不妊らしいのでちょっと不安になってきました。

もう少しだけベジママを飲み続けてみます。

32歳妊娠6カ月

妊活中はベジママのお世話になりました。そのおかげか妊娠することが出来、授乳中も何日か飲み続けていたのですが、急にニオイが気になりだしました。

妊娠初期はニオイに敏感になるとは言いますが、ベジママは無味無臭だと書いていたので少し残念です。

今は他の葉酸サプリを飲んでいます。

まとめ

ベジママは人気の葉酸サプリの中でも妊活向けに特化した成分を配合した商品です。

特に不妊に効果のあるピニトールやルイボスを配合している葉酸サプリは日本ではまだほとんどないので、この2つの成分が入っているだけでも価値があります。

もちろんその他の成分も優秀でビタミンEはすべての妊活中の女性を助けて妊娠の確立を上げてくれますし、今回は紹介しませんでしたがポリフェノールが配合されていることで美容にも効果があるんです。

このように様々な効果を妊活中の女性に与えてくれるのがベジママの特徴になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です