ベジママに含まれるピニトールが妊活にいいって本当?ピニトールの力を詳しく紹介

不妊で悩んでいる方はピニトールっていう言葉を聞いたことがありませんか?

また葉酸サプリを探していたらベジママを見つけ、ピニトールという名前を知ったという方もいるでしょう。

でも、ピニトールについて詳しく知っている方はあまりいません。

そこで今回、ベジママに含まれるピニトールがどんな成分でどんな効果を持っているのか詳しくご紹介しましょう。

ベジママに含まれるピニトールってどんな成分?

ベジママはピニトールを含んでいることが最大の特徴の葉酸サプリです。ですからピニトールを知ることでベジママがどんな葉酸サプリなのかを知ることにも繋がります。

ピニトールは不妊を解消する成分

ピニトールを簡単に一言でいえば、不妊に効果がある成分です。

そのため海外では妊活サプリにピニトールを配合していることが多く、日本でも不妊治療のために病院からピニトールが入った薬を処方される場合があります。

また、成分上はビタミンBの仲間とされ、アイスプラントや大豆、ルイボス茶などの植物に存在する天然成分です。

ピニトールを摂ることで得られる効果

ピニトールが不妊を解消してくれる働きがあるのはわかりましたが、具体的にはどんな効果があるか見ていきましょう。

  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善
  • 冷え性の改善
  • 血糖値を下げる

ピニトールで得られる効果は主に上記の3つです。どれも妊活中の女性に嬉しい効果で妊活サプリのベジママに使用されている意味も分かります。

また、特に注目して欲しいのが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善効果と冷え性の改善効果です。

PCOSは不妊の原因の一つなのですが、明確な原因がわからず対策が難しいとされていました。

そんな中、近年海外でピニトールがPCOSに効果があると立証され始め、世界中で注目を浴びているんです。

また、ピニトールは血行を良くする働きもあり、これによって体中に血がめぐって体温が上がるので冷え性にも効果があります。

妊活中になかなか基礎体温が安定しない方にもぜひピニトールをおすすめします。

ピニトールに副作用ってないの

妊活中に嬉しい効果をたくさんもつピニトールですが、最近注目され始めた成分なので副作用が怖いという方もいらっしゃいます。

確かに結論から言うと、ピニトールの副作用の存在はまだはっきりとはわかっていません。

ただし、現段階でピニトールで副作用が出たという報告はありませんし、考えられるとしても過剰摂取による低血糖くらいです。

そして通常の食事でピニトールが摂取されることはあまりありませんし、ベジママの摂取量1日4粒を守っていれば過剰摂取になることも考えられません。

ですから副作用を心配する必要もないでしょう。

ピニトールを摂るならベジママが一番

ピニトールがどんな成分かは大体わかりました。

しかし、ベジママを飲まなくても食事でピニトールを摂取できるのではないかと思い、ピニトールが多く摂れる食品と摂取量を調べてみました。

ピニトールが摂れる食材&摂取目安

食材

ベジママ1日分(4粒)相当の摂取量

ベジママ

260mg(4粒)

大豆

433粒

豆乳

693ml

ルイボスティー

87杯

ピニトールを多くむとされる食材である大豆、豆乳、ルイボスティーでさえこの数字です。

大豆433粒・・・不可能ですね。

これに対してベジママは1日にたったの4粒飲むだけでokです。

しかも当然、ベジママにはピニトール以外にも葉酸、ビタミンなどの様々な栄養成分が含まれています。

ということでピニトールを摂取するならベジママを飲むのが一番いいことがわかりました。

ピニトール以外にもベジママには様々な効果あり

最後にせっかくですからピニトールの効果以外にも、ベジママにはどんな効果があるのか見てみましょう。

ベジママ

葉酸

400㎍

サポート成分

ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE、ピニトール、ルイボス

価格

通常価格:5,500円

定期購入:2,750円

安全性

GMPマーク取得

妊娠しやすくなる

ベジママはこれから赤ちゃんが欲しい妊活中の女性に向けて作られた葉酸サプリです。

そのため妊娠する確率を上げてくれる成分がたくさん配合されています。

その中でも注目したいのがビタミンEです。ビタミンEには血行を良くして、体を温める働きがあります。

そのため冷え性の人に効果があり、さらに基礎体温を上げることで妊娠の確立を上げることにも繋がるんです。

基礎体温は妊活で非常に重要な要素ですから、ベジママに含まれるビタミンEもピニトールに負けないくらい大切なんです。

高齢での妊娠をサポート

妊娠は年齢を重ねるごとに難しくなり、特に35歳を過ぎると卵子が活性酸素によって酸化、老化し妊娠の確立を下げます。

そこで重要になってくるのがベジママで摂取できるルイボスです。ルイボスは活性酸素を抑える働きがあるため、卵子の老化を遅らせて高齢でも妊娠しやすい体にしてくれます。

ですからもし妊活を始めたいけど年齢に不安をお持ちの方はぜひともベジママを飲みながら妊活をしてみてはいかがでしょうか。

実際にベジママで妊活を始めて、高齢主産まで成功させている方が大勢いらっしゃいます。

美容にも効果がある

ベジママは妊娠をサポートするだけでなく、あなた自身の美容もケアしてくれるんです。そのためにビタミンCやポリフェノールを多く配合しています。

ビタミンCは妊活中の周りからのプレッシャーによるストレスで荒れた肌をハリのある状態にし、ポリフェノールは亜鉛、カリウム、マンガンを含み、体の中から美容・健康のサポートをしてくれます。

このようにベジママは妊活中の女性の悩みをすべて解決してくれるんです。

まとめ

ベジママに含まれるピニトールは不妊に悩む女性の救世主とも言える成分です。そしてピニトールを摂取するには食事ではほぼ不可能で、ベジママが一番効率よく摂取出来ます。

さらに日本ではピニトールを含む葉酸サプリがほとんどなく、いち早くピニトールに目を付けたのがベジママなんです。

また、ピニトール以外にも様々な妊活中の女性に嬉しい効果をベジママは持っているので、これから赤ちゃんが欲しいという方にぜひおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です