ベジママはいつ飲む?ベストなタイミングや効果的な飲み方とは?

最近、妊娠したという報告を聞くたびに不安が募ったり家族に妊娠報告が出来なく焦ったりと悩んでいませんか?

その悩み、ベジママで解決できるかもしれません。

ベジママってどんなサプリなの?体験者の声を聞いてみた

ベジママはピニトール・葉酸をメインに妊活中の女性を助ける成分が配合されている妊活サプリです。

そんなベジママって一体どんなサプリなのでしょうか?利用者の田城さんの声を紹介していきます。

「私はベジママを続けてきてよかったって胸を張って言えます!」田城さんの体験談

このように話すのは、事務職勤務で30歳を境に妊活を始めた田城さんです。

田城さんは一体どうしてベジママを選んだのでしょうか?詳しくインタビューしてみました!

運営「ベジママを始めたきっかけって何ですか?」

田城さん「結婚して1年半ほど経過したのを境に妊活を始めました。それから、1年もの間、中々妊娠できずに途方に暮れていました。そんな時に出会ったのがベジママです。」

田城さんの場合はベジママのことを雑誌で見かけたそうです。雑誌についてはこちら↓

※公式サイトでチェック

「これから妊娠を計画したい!」という人へ向けた雑誌で取り上げられています。

運営「なるほど、1年ですか…。旦那さんにも気を使うし、結婚から2年も妊娠報告が無いとご家族の方からも心配されたんじゃ…。」

田城さん「そうですね…(苦笑)旦那は自分のせいだから気にしないで…と言ってくれたのですが、自分には子供を作る能力が無いんじゃないかと、ストレスを貯めていたと思います。

私も同じで、身体に原因があるんじゃないかとか、相手のご両親に会うたびに後ろ髪を引かれている感じがあって、正直居づらい生活が続いていました。」

実際に妊活が上手くいかずに破局する夫婦はたくさん居ます。

せっかくの幸せな結婚生活を、こんな形で終わらせるなんで考えたくないですよね…。

運営「それは本当に辛い体験をされたんですね。ここで話を変えるのも恐縮ですが、妊活で始めるサプリをベジママに決めたのは、どういった理由からなんですか?」

田城さん「成分のことは正直よくわからないのですが、ピニトールが入っていることでしょうか。ベジママを見たときに、当然他の葉酸サプリも色々見てみたんです。でも、ピニトールが入っているサプリってベジママ以外になくて、ベジママが魅力的に見えました。」

ベジママ ピニトール

※公式サイトでチェック

ピニトールと言うのは、アイスプラントと呼ばれる植物に含まれている成分で、ヨーロッパでは昔から食べられている植物です。

ピニトールには

  • 血糖値の上昇を抑制する作用
  • 排卵障害を予防する作用

上記の二つの作用があります。

そのためピニトールは不妊対策としても注目を集めている成分なんですよ!

この成分が入っているかどうか、他の葉酸サプリと比較してみると

※公式サイトでチェック

確かに、4サプリ中ベジママにしか配合されていません。

運営「なるほど、確かにベジママはピニトール成分をメインとしているので、妊活の女性を一番にサポート出来る葉酸サプリになっています!ベジママを飲まれてからはどうでしたか?」

田城さん「飲み始めて3~4か月頃だったと思います。妊娠が発覚して旦那にパパになるよ!!って言ったら、

旦那は私にママになるんだね!って泣きながら答えてくれたのを覚えています(笑)

すぐにご両親にも報告して、やっと安心できるよって一言かけてもらい、本当に嬉しかったのを覚えています。」

運営「それは素敵なエピソードですね。本当に良かったです!最後に一つだけ、これからベジママを検討している人に向けておすすめしますか?」

田城さん「私だったら、中々赤ちゃんが授からないとか、生活リズムを整えてもダメだった本気で悩んでいるという人にベジママをおすすめします。

実際に、知人にもベジママを紹介したことがあります(笑)

何もしないよりだったら、絶対試すべきです。

これからの夫婦生活のためにも、人生のためにも、赤ちゃんを授かるきっかけを作りたいと思うのであれば、私はその人にベジママをおすすめしたいです。」

田城さん!本当にご協力ありがとうございました!!(*^_^*)

ベジママはいつからいつまで飲めばいいの?

ベジママはいつからいつまで飲めばいいのかお伝えしていきたいと思います。

ベジママを飲む時期などで悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

妊活中は妊娠の1ヶ月前から飲むのがベスト

妊娠を望んでいる女性は、妊娠の1ヶ月前からベジママを飲み始めるのがベストです。

妊娠前からベジママを飲んで葉酸を摂取することで、赤ちゃんが神経管閉塞障害などの障害を持って生まれてしまうリスクを下げることができますよ。

また、葉酸には体内の血液を増やして血行を良くし、妊娠しやすい環境を整えてくれる働きがあります。

妊娠をしやすくするためにも、妊娠を希望する方は妊娠の1ヶ月以上前からベジママを飲んでみてくださいね。

妊娠中や授乳中も飲むことができる

ベジママは妊娠前だけでなく、妊娠中や授乳中も飲んでいくことができます。

「妊活サプリなら、妊娠したらその後はもう飲まなくていいんじゃないの?」と思われますよね。

しかし、ベジママは妊娠中や授乳中にもママや赤ちゃんへ良い働きをしてくれますよ。

妊娠中や授乳中に飲むとどんな効果があるのかというのは、事項でご説明していきます。

妊娠後にベジママを飲むとどんな効果があるの?

では、妊娠後にベジママを飲むとどんな効果があるのでしょうか?

妊娠中や産後の授乳中の効果について見てみましょう。

妊娠中のベジママの効果

妊娠中のベジママの効果には、以下のようなものがあります。

  • 赤ちゃんが先天性の障害を持って生まれてきてしまうリスクを下げることができる
  • ピニトールで妊娠中の血糖値の上昇を抑えることができる
  • ルイボスティーの抗酸化作用で免疫力をアップさせることができる

このように、妊娠中もベジママを飲むことで赤ちゃんやママの体をサポートしていくことができますよ。

授乳中のベジママの効果

授乳中のベジママの効果は以下のとおりです。

  • 葉酸の造血作用で質の良い母乳を赤ちゃんに与えられる
  • 産後の貧血を改善する

授乳中の貧血の原因として鉄分不足が思い浮かぶ方も多いと思いますが、体内の葉酸が不足しても貧血になってしまう場合があります。

そして授乳中はママの母乳から赤ちゃんへたくさんの栄養を送らなければいけないため、この葉酸が不足しやすく、貧血になりやすくなります。

授乳中にベジママを飲めば、そんな産後の貧血を改善したり、質の良い母乳を作りだすことができますよ。

ベジママを飲む量やタイミングは決まっているの?

ベジママを飲む量やタイミングは決まっているのか、見てみましょう。

飲み方を変えるだけで、効果の現れ方が変わってきますよ。

1日複数回に分けて飲む

ベジママを1日複数回に分けて飲むと、ベジママに含有している葉酸などの成分をしっかりと体へ吸収することができます。

なぜなら体内に蓄えることができる葉酸の量は少ないからです。

朝と晩に分けて飲んだり、食事と食事の間に飲んだりと1日複数回に分けて飲むと葉酸の吸収率アップが期待できますよ。

食前や就寝前か食後でも効果が変わる

ベジママを食前や就寝前に飲むか、食後に飲むかでも効果が変わってきます。

食前や就寝前に飲むと葉酸などの吸収率が高くなり、逆に食後に飲むと胃に負担がかかりにくくなります。

少し胃に負担がかかっても葉酸やベジママ成分の効果を優先したい方は食前や就寝前に、元々胃があまり丈夫でない方は食後に飲んでみてくださいね。

もし食前や就寝前に飲んで胃の調子が悪くなってしまった時には、食後に切り替えて飲んでみましょう。

ベジママの飲み方は?

ここでベジママの正しい飲み方についてもご紹介していきたいと思います。

水やぬるいお湯を使って飲むと効果的

ベジママを飲む時は、水やぬるいお湯を使って飲むと効果的です。

コーヒーなどに含まれているカフェインや紅茶などに含まれているタンニンは、葉酸の吸収率を下げてしまいます。

葉酸の吸収率を下げずにきちんと体へ摂り入れるためにも、水やぬるいお湯などでベジママを飲むようにしましょう。

1日の摂取量をきちんと守って飲む

1日の摂取量をきちんと守って飲むというのも大事なことです。

効果がはやく現れてほしいからといって、1日の目安量である4粒以上を飲んでしまうと逆に体調不良になってしまう危険があります。

また、葉酸を過剰に摂取してしまうと体に摂り入れられなかった分の葉酸が尿から体外へ排出されてしまうので、目安量を超えて飲むのはあまりおすすめできません。

ベジママを飲む際は、1日の摂取量をきちんと守って飲むようにしましょう。

時間帯を決めて飲むと飲み忘れを防ぐことができる

毎日サプリを飲んでいると、つい飲み忘れてしまうこともあると思います。

そんな時は時間帯を決めて飲むと飲み忘れを防ぐことができますよ。

朝と晩の2回に分けて飲んだり、食前と食後のどちらかで飲むなどを決めておくと良いかもしれませんね。

毎日ベジママを飲み続けていくことで、効果が現れやすくなるはずですよ。

ベジママに含有している成分に副作用はない

ベジママには妊活に効果があるピニトールをはじめ、さまざまな成分が含有しています。

しかし、これらの成分に副作用はないので心配な方もご安心ください。

まとめ

妊活サプリとして知られているベジママはいつからいつまで飲むべきなのか、つい悩んでしまう方もいると思います。

そんな方のために、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ベジママはいつからいつまで飲めばいいのかというのをきちんと把握し、1日のサプリ摂取量を守って妊活をしていきましょう!

また、妊活サプリとして知られているベジママですが、産後も飲んでいくメリットはたくさんあります。

妊活中だけでなく、妊娠後もベジママを飲んでいくことできっと元気な赤ちゃんを産むことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です